カテゴリ:その他保護活動情報( 1 )

ラッキーたちのいたところ

昨日9月30日に開催された
神奈川県動物保護センター登録ボランティア連絡調整会議にAngel's Tale代表と一緒に参加しました。
神奈川県動物保護センターは、ラッキーが保護されたセンターです。

会議の内容は
・平成26年度8月までの事業実績の報告
・譲渡ボランティアアンケート結果及び要望についての説明
・研修会(ボランティア活動に関わる法知識 講師:伊田若江弁護士)
・9月4日に発生した収容犬(ダックス メス 10才以上)死亡事故についての説明

収容犬死亡事故については
会議で配布された資料と同じものが神奈川県動物保護センターのホームページに掲載されているので
リンクを貼っておきます↓
神奈川県動物保護センターにおける犬の死亡事故について(平成26年9月30日)


会議のあと、犬の収容施設の内部を見学させていただきました。
収容施設を見るのは初めてでした。


小型犬が収容される部屋です。
f0338947_10402552.jpg
手前のケージを正面からみたところ
f0338947_10402295.jpg


奥の天井が高い部屋を正面から見たところ
f0338947_10402389.jpg

お部屋の前にかける「返還」などの札
f0338947_10402447.jpg
コーギーさん
f0338947_10402484.jpg
キャバさん
f0338947_10402510.jpg



廊下からこの扉を通って動物収容部屋へ入ります。
入口前に靴を消毒するトレイがあります。
f0338947_10402629.jpg


大型犬の雑居房です。この小窓から中を見られます。
f0338947_10402697.jpg

f0338947_10402771.jpg
f0338947_10402786.jpg

f0338947_1040284.jpg


ダックス死亡事故が起きた処置室はこちら。下の麻袋を毎日取り換えているそうです。
ここはエアコンがあります。
f0338947_10402823.jpg
処置室の水まわり。皮手袋もあります。
f0338947_10402918.jpg


収容されている犬の情報は「当所で収容した犬の情報」から見られます。


会議の資料に「犬の死亡報告一覧」がありました。

f0338947_11162219.jpg

f0338947_11161011.jpg
「死体の状態」欄で31件中
「雑居房で咬傷後死亡」が11件、「同居犬に複数個所咬まれる」が1件です。

職員の方のお話では、このセンターはもともと5日間収容して処分するために作られた施設ということでした。

そもそも殺すための施設なので、生かすために厳しい環境なのは当然です。
センターの改装など、時間とお金のかかることをすぐに行うのは難しいので
センターでは職員の方ができるだけのことをして、ボランティアの方々が引き出して新しい家族を見つけるために奔走しているという関係がわかりました。

あれがだめこれがだめと言っても仕方ないですし
言っただけで何か変えてやったような気分になって一人で満足して終わる可能性大なので
黙って自分のできることをちょっとずつでも確実にやろうと思いました。
そしてほかにも尽力している方がたくさんいるので、
その方々には「おつかれさまです&ありがとうございます&がんばりましょう」の気持ちを出していこうと思いました。


なんだか小学生の作文のようになってしまいましたが
実際にセンターを見ることができて、今まで想像だけだった部分がちょっとはっきりしました。


施設の見学は誰でも可能です。
実際に見てみたいという方はセンターへお電話すれば職員の方がご案内してくださるということです。
詳細はこのページにあります→来所者・見学者の方々へ

今年の春先に3週間ほどドイツに行って動物保護施設や犬たちをみてきたので
その様子をまた書けたらなとおもいます。


センターから帰ると、ラッキーが笑顔で出迎えてくれました。
f0338947_10403038.jpg


f0338947_10403042.jpg

いろんなことがあったけど、毎日にこにこしているラッキー
次は新しい家族をみつけようね058.gif

にこにこラッキーはシーズーレスキューネットワーク Angel's Taleの保護犬です056.gif
里親様募集中です070.gif053.gif

[PR]

by hanamaruki4141 | 2014-10-01 12:12 | その他保護活動情報